インパクトドライバー(SIGNET) 2014.11

初代iichan1号が事故にあって、修復するか、オークションでパーツとして売るか、いずれにしても、一度全部バラさなければならない。

とりあえず、前輪を外すとなったが、メーターケーブルを止めているネジがビクとも動かない。

どうしたものかと考えた結果、そうだ、インパクトドライバーで叩きまくれば緩むはず。
どうせこれから緩まないネジが続出するに決まっているので、持っておいても損はないはず。

pa190211


という訳で、今回の無駄遣いは「インパクトドライバー(SIGNET)だ。

ネットで物色すると、いろいろあるが、どれがいいのか分からない。
あまり安い物もダメだし、本当はKTCが欲しかったが、飛びぬけて高い。
そこそこの値段で、しかも特価だったので、これにした。
そんなに頻繁に使う工具でもないし。

SIGNETというメーカーについて、僕自身は知らなかったが、結構メジャーなメーカーのようで安心した。

pa190212


紙の箱を開けると、スチール製のケースに本体とビット(?)が6本入っていて、なかなかカッコイイ。

早速、固いネジを外しにかかった。
最初はハンマーでおっかなびっくり叩いていたが、一向に緩む気配がない。
これではダメだということで、今度は力いっぱい叩き続けるもダメ。

なぜだ。
本体をよくよく見ると、RとLという刻印がある。
もしかして、回転が逆なのか。
グッと押してみると、そうでもなさそうだ。
逆ネジ?

pa190213


もう訳が分からなくなり、バイク屋の兄ちゃんにSOSの電話をかけた。
逆ネジではないらしい。確かに固着しやすい箇所ではあるが、インパクトドライバーで緩むはずとの返答。

さらに渾身の力で叩き続けたが、緩まず、ついに断念。
メーターケーブルを切断して前輪を外した。

外した後、フロントブレーキパネル(?)を両足でしっかり固定し、インパクトドライバーで叩くと、ネジはあっさり緩んだ。

結局何のことはない、ケーブルが繋がったままの不安定な状態で叩いていたため、インパクトドライバーの回転力がネジに十分伝わっていなかっただけだったのだ。

お後がよろしいようで。

pa190214

男の無駄遣い