カシミール3D GPS応用編

今回買ってしまったのは「カシミール3D GPS応用編」です。
カシミールについてはご存知の方も多いと思うので、詳細はここをご覧いただくとして、とにかく素晴らしいソフトなんです。
しかもフリー!すなわち無料です。kasibook

私はカシミールで地図を閲覧するのに、国土地理院の2万5千分の1の地形図をDLして使っていました。
これまたフリーでDLできるので、この組合せだとまったく出費なしで使えます。
カブで走ったGPSのトラックログを、カシミールで地図上に落とし込んで楽しむと言うのが私の主な使い方なので、この組合せでも十分楽しめます。2


もちろんこのままでも良かったのですが、人間は欲張りな生き物。カラーで見てみたい」という欲望がムクムクと頭をもたげてきたのでございます。
前出の国土地理院の地形図はモノクロなので、道や川等の区別がしづらいところがあります。
これに色がつくと格段に見やすくなるのです。1


「カシミール3D GPS応用編」には、解説本、本体や関連ソフトはもちろん、20万分の1地形図(全国分)5万分の1地形図(名古屋~沖縄)、50mメッシュの標高データー(全国分)の入ったCDROMが付いています。
この中で私が欲しかったのは、5万分の1地形図と標高データーです。
縮尺は2分の1になってしまいますが、それを感じさせないくらい見やすいです。
しかも標高データーが入ることにより、地図が立体化されます。標高データーは見た目だけでなく、断面図を表示したりといろんな事に利用できます。kasi


地図画像は色の塗りわけを自由自在に変えることができます。また、あらゆる角度から3Dグラフィック化することもできます。
カシミールを立ち上げて、地図でいろんなところを見ているだけでも結構楽しめます。
GPS+カシミールを使うことで「ぶらぶら」の楽しみが何倍にも膨らみました。これで2300円(税別)は安い!
それやったら「無駄遣い」に載せるな!という声が聞こえてきそうです。3d1
          男の無駄遣い