カリタ ナイスカットミル(シルバー)

コーヒー病が進行している。
危険なパターンに入っていると分かっているが、止まらない。自分で焙煎したコーヒーを毎日飲んでいるのだが、毎日2人分の豆を手動のミルで挽くのは結構辛い。3分位かかってしまう。
それにいろんな本を読むと、手動の臼式のミルや電動のプロペラ式のミルは、豆を挽く時に熱が発生して香りがダメになるとだか、挽いた後の粒が均一でないからダメだとか色々書いてある。どうせ違いなんて判るわけがないのに、そんなものばかり読んでいるとだんだん洗脳されてきて、気付いた時には宅配便が届いていた。

pa060302


というわけで今回の無駄遣いは、カリタの「ナイスカットミル(シルバー)である。
定価は28000円ほどするが、1万円台で買える。このミルの特徴は、低速で回転する刃が豆をカットしていくため豆の発熱が少なく均一に挽け、また耐久性にも優れているところだ。昔から赤と黒があるが、挽いた粉を受ける受缶の使い勝手が悪く、その改良版がこのシルバーで、受缶がステンレスのコップになっているのがミソだ。

箱を開けると、本体、ホッパー(豆を入れる部分)、ホッパーのフタ、ステンレスのコップ型の受缶が入っている。

pa060307


組み立てるとこうなる。
よく喫茶店においてあるミルの小型版といった形で、なかなか良い。上部の透明なプラスチックの部分(ホッパー)に豆を入れ、ダイヤルで挽き加減を設定し、スイッチを入れると挽くことが出来る。
2杯分(約20g)が大体10秒位で挽けるので助かる。
一度に挽ける量は100gまでとなっている。挽いている時の音は結構大きいが許容範囲内で、ブログ等で「音が大きくてびっくりした」等の感想を見かけるが、電動ミルに静粛性を求めるのは酷というものだ。
我慢できないなら、手動ミルでゆっくりゆっくり挽けばよい。
豆の挽き加減は、粗挽きから細挽きまで8段階に調節できる。

pa060319


さて突然話は変わるが、自分で焙煎を始めて思ったり、分かった事を2点ほどお知らせしたいと思う。

まずは豆の「ハンドピック」についてだ。
「ハンドピック」とは、豆を炒る前後に、欠けたり、形が悪かったり、虫が喰っていたり、色が悪かったりするいわゆる欠点豆を取り除く作業のことで、ほとんどのマニュアル本等には「必ずしないとコーヒーが不味くなる」というような意味のことが書いてある。
しかし、豆にカビでも生えていれば別だが、欠けた豆や形の悪い豆を神経質に取り除く必要は全くない。
欠点豆ばかりを集めて煎ったコーヒーを飲んでみた人がいて、味はほとんど変わらなかったという話があるくらいだ。ただし、ごく希に小さい石が混入していることがあり、これは取り除いておかないとミルを痛めることになるので注意が必要だ。pa060312


2点目はサイフォンでの淹れ方についてである。
誕生日に子供にサイフォンをもらって以来、サイフォンでコーヒーを淹れることが多くなり気付いたことがあるので書いてみる。インターネットやマニュアル本等を見ると、「コーヒーが落ちきった後にロートに残った粉がドーム状になっていれば抽出成功」という文章をよく見る。
この「ドーム状」という部分がくせものである。
一時、抽出時間や撹拌の仕方をどんなに工夫しても「ドーム状」にならないことがあり、悩んだ。
しかし苦悩の末遂にその原因を発見したのだ。
それは、最後の撹拌の時に、円を描くようにグルグルと撹拌すれば必ず粉は「ドーム状」に残るということである。pa060311


即ち、粉がドーム状に残ることと、抽出の成功失敗は全く関係がないのである。
その証拠に、なぜドーム状に残れば成功なのか、その理由がどこにも書かれていない。
少し判りにくいが、右の写真が粉が「ドーム状」に残った状態である。結局は、豆の挽き加減、抽出時間、撹拌の仕方等の基本さえきちんと抑えていれば、ドーム状になろうがなるまいがOKである。
先人の知恵を借りつつ、しかしそれを鵜呑みにせず、自分が美味いと思える味を追求すればよいのではないかと思う。pa090339


つべこべ勝手なことを書いてしまったが、話を「ナイスカットミル」に戻そう。

このミルは刃の部分に粉や豆の欠片が結構残りやすいので、時々分解掃除をした方がよい。
分解は、ダイヤルの横についているネジをコイン等で外せば簡単に出来る。
掃除をするのも「通」になったようでまた楽しい。

これで電動と手動のミルを持つことになったが、通常はナイスカットミル、時間に余裕のあるときは手動ミルと使い分けることにしよう。
使い分けられればよい物は他にも色々ある。車、家、顔、職業、そして究極は嫁か・・・。

※ここに書いてあることは全て個人の意見であり、正しくないこともあると思います。ご了承の上お読みください。

pa060318

男の無駄遣い
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

電動コーヒーミル ナイスカットミル シルバー
価格:22140円(税込、送料無料) (2016/9/18時点)