ケルヒャー高圧洗浄機

「じゃ~ぱねっと、じゃ~ぱねっと~♪」
我が家が契約しているケーブルTVの1チャンネルでは
一日中「ジャパネットたかた」の番組が流れている。
その中で以前から気になっていたのが、物凄い水の勢いでコンクリートの汚れを落としていく道具だ。
面白いほど汚れが落ちていく。
「洗車も楽々!」とMCがたたみかける。
あ~使ってみたい。おもしろそう!

そんなある日、嫁が
「あれで網戸洗ったらよく落ちるんかな?」と言った。
チャンスや!
「落ちるでぇ~! 絶対ええわ!!!」

jyapanet1


という訳で、注文した翌々日に到着したのが
「家庭用高圧洗浄機ケルヒャーJTK22PLUS ジャネットスペシャルモデル」だ。16,910円だった。

何といっても気に入ったのが、この「けるひゃ~」という社名だ(性能と違うんかい!)。いかにもドイツらしい響き、「けるひゃー」。気に入りました。

冗談はさておき、この洗浄機にはいろんなモデルがあって、最近はホームセンタで8000円台のものが売られている。
ジャパネットのモデルとの違いは、高圧ホースの長さや付属するノズルの種類等だ。これらは追加で購入すると高いので、そのつもりなら、ジャパネットモデルがお買い得だ。

pc200003


写真のものがセットのすべてだ。
ノズルが4種類付属しており、高圧ホースは10mある。

年末の大掃除の時、早速使ってみた。
まず、蛇口へのホースの接続が面倒くさい。
昔ながらの、金属のバンドをネジで締め付けるタイプなのだ。ワンタッチ式のアダプターは、ホースが一般的なものより少し太くて使えない。

一番強力なノズルで網戸や窓を洗ってみた。
網戸の汚れは非常によく落ちる。しかし、ガラス窓に付いた乾いた汚れはあまり落ちない。
次にアプローチのタイルを洗ってみた。これは非常によく落ちる。コンクリートの汚れも面白いほどよく落ちる。

次に洗車をしてみた。
ホイールやタイヤハウスの汚れはよく落ちる。
しかし、ボディーの乾いた汚れは全くといっていいほど落ちない。ジャパネットのセットにはフォームノズルという洗剤を噴射できるものが付いている。
いつもはバケツでカーシャンプーを泡立てて洗っているが、フォームノズルでシャンプーをいっきにボディーに吹き付けスポンジで洗った。これは結構楽で良かったが、いつもよりも洗剤の使用量が格段に増える。

pc200009


いろいろ使ってみた感想だが、作動音が結構大きいのと、霧状になった水が広範囲に飛び散るため、密集した住宅地やご近所関係があまりよろしくない場合、使用は困難と思われる。

そして結論は「一度使えば満足だ!」である。
買おうかどうか迷っている人は、友達が持っていれば一度借りて使ってみるといいだろう。きっとそれで満足してしまうはずである。

しかし僕はもう買ってしまった。さてどうしよう。
そうや! ウォッシュレットの代わりに使おう。
最近水圧に慣れてきて、刺激が足らなくなってきたし。
この水圧の直撃を尻に受けたらたまらんやろな。
そして「おたくの家のウォシュレットのメーカーどこ?」
と聞かれたらチャンスやで。
「け、けるひゃ~です!」

7e000-7w-0002-l

男の無駄遣い