サンヨー ポータブルナビゲーション  GORILLA NV-SB360DT

車を買った時、カーナビを着けたかった。
しかし30万円弱という恐ろしい値段。
滅多に使わないものに30万! 恐ろしくてやめた。
「今時新車やのに、カーナビ着いてないん?」とバカに
された(泣)。

去年旅行に行ったとき、レンタカーにカーナビが着い
ていて使う機会があった。
初めての場所でもスイスイ行ける。
道に迷って時間をロスすることもない。こりゃ便利やわ。

先日久しぶりに車で家族旅行に行くことになり、思い
切って買った。
これなら、4万円ちょいで買える。

p1140382


というわけで今回は、「サンヨー ポータブルナビゲーション GORILLA NV-360DT」だ。

これは最近流行のバッテリーを内蔵して持ち運べるタイプのナビで、画面は4.5V型、内蔵する4GBのフラッシュメモリーに地図データ等を収録している。
ワンセグを見ることもでき、SDカードを挿入すれば予約録画も可能だ。MP3、WMAも聴ける。
ただし、ワンセグの画質は、無理やり拡大している感じであまり良いとは言えない。
FMトランスミッターも内蔵していて、音声を飛ばすことができる。

p1140399


付属品は、ACアダプタ、シガーライター接続ケーブル、パーキングブレーキ接続ケーブル、車載用取付キット、ストラップ等だ。

さて車への取り付けだが、付属の取付キットは両面テープでダッシュボードに貼り付けるようになっている。
これがどうしても嫌だった。
ソニーのナビはダッシュボードに吸盤で固定するタイプで、なかなかの優れものだ。これと大分迷ったが、性能でGORILLAを選んだ。

さてどうするか。
ネットで検索すると、ピッタリのものがあった。

p1140410


それがビートソニックの「Q-Ban Kit」だ。
吸盤で固定できるタイプがあり、GORILLAにピタッと合うアタッチメントもあった。
そして届いたのが、写真の商品だ。

右が吸盤のついたベースで、左がGORILLA用のアタッチメントだ。
ベースが定価で2100円、アタッチメントが1785円。
ベースは2ヵ所が可動し強力な吸盤が付いていて、2100円は納得できるが、アタッチメントの1785円はどう考えても高すぎる。
どんなに高くても500円がいいとこだ。
しかし、これがなくては使えないので仕方がない。

p1170413


ベースにアタッチメントを取り付けてみた。
首の部分は球状になっていて、角度を自由に変えることができる。
吸盤の上に付いているレバーをグッと押し込むと、強力に固定され、その下のボタンを押すと解除される。
固定する時にはレバーをかなりの力で押すことになるので、最初に壊れるならここだろう。

アタッチメントは高いだけあって、GORILLA本体の裏側にピタッとはまる。

p1170425

p1170435


さて、実際に車に取付けてみた。
僕はフロントガラスに取付けたが、これは法に触れるらしいので、良い子は決して真似をしないように。
もちろんフロントガラス以外に、吸盤が引っ付く適当な場所があればそこに取付ければよい。

写真では結構高い場所に取付けているが、実際に使う時にはもっと下に取り付けた方が、視界の妨げにならなくてよいだろう。

実際に走行してみると、振動でガクガク揺れることもなく非常によろしい。
完璧である。

p1170447


さて、ナビを車で使うにはパーキングブレーキ接続ケーブルをパーキングブレーキの信号ケーブルに接続する必要がある。安全のため、そうしないと正常に使えない仕組みになっているのだ。
しかし信号ケーブルがどこにあるか分からないし、わかったところで作業が面倒くさい。

ネットで検索すると、ナビのブレーキ端子にネジ(2.6×10ミリ)をねじ込めば使えることがわかった。
早速試してみると、すんなりうまくいった。
これも良い子は決して真似をしてはいけない。

肝心のナビの性能だが、受信感度は非常によろしい。
家の中で衛星を6個も捕捉していたのには驚いた。
精度も非常に良く、先日の旅行の時は、目的地の進入路までピッタリ案内してくれた。

p1170438


この手のナビは取り外しがきくので、家の中でルートの設定などがじっくりできていい。
また、インターネットからレストランやオービス等の位置情報や目的地、ルート等を、SDカードを介してナビに転送することもできる。

さて先日、自宅から出発して少し走るとナビが喋った。
「この先、踏切です!」  え? 踏切は無いはず・・・。
あ、そういえば何ヶ月か前に高架になって踏切が無くなったのだった。
ナビは叫び続ける。「まもなく踏切です! 踏切です!」
わかった、わかった。 お前も所詮機械やなぁ・・・。

p1170442

男の無駄遣い