トラベラーズノート(パスポートサイズ)

ちょっとした日記が書ける手頃な手帳を探していたところ
いいものを見つけたので買ってしまった。
というわけで、今回の無駄遣いはミドリという文具メーカーの「トラベラーズノート」だ。

トラベラーズノートには、レギュラーサイズと少し小さめのパスポートサイズがあって、今回買ったのはパスポートサイズ(H134×W105×D10mm)のカバーと週間ダイアリー等がセットになったスターターキットというものだ。
別々に買うよりも、少しお買い得になっている。
一緒に、ペンホルダーと横罫のノートリフィルも買った。

スターターキットはおしゃれなパッケージに入っている。

p2170279


これがスターターキット(週間ダイアリー)の中身だ。
カバー、週間ダイアリーリフィル(6ヶ月)×2、スペアゴムバンド、コットンケース、ダイアリーガイド(シール付)がセットになっている。
1~6月分の週間ダイアリーリフィルは最初からカバーにセットされており、写真には写っていない。

コットンケースは、はっきり言っていらないと思う。
いちいちこれに手帳を入れて使う人がいるのか疑問だし、安っぽすぎて他に使い道もない。

p2170286 p2170280


カバーは牛革製で、色は茶と黒がある。
茶も渋くてよかったが、今回は黒を選んだ。

写真ではうまく表現できていないが、革はつるっとしたフラットな艶のない仕上げになっている。
ちょっと他のものと擦れると傷がついた感じになるが、それも味になるし、気になるならミンクオイルなどで磨くと傷が目立たなくなるらしい。

カバーは1枚の革にゴムひもが付いただけのもので、昔流行ったシステム手帳のように金具やらいろいろ付いているわけではない。
よく考えると、結構値段は高い。

p2170287 p2170288


それでは、金具も付いていなのにどのようにしてリフィルをカバーに固定するのか。
ここでゴムひもが登場する。

写真では少し分かりにくいが、カバーに付いているゴムひもで、真ん中から開いた状態のリフィルを挟み込むのである。
たったこれだけのシンプルな仕組みだ。
頼りないように思うかもしれないが、これが案外しっかり固定される。

この方法だと普通に考えると、リフィルを1冊しか固定できないように思うが、そこは利用者各自色々工夫があって、僕は3冊使えるようにしている。


スターターキットに付いていた週間ダイアリーリフィルは見開きが1週間になっていて使いやすい。
最初のほうには、年間カレンダーとちょっとした月間の予定が書けるダイアリーも付いており便利だ。
週間ダイアリーは、1~6月分と7~12月分の2冊に分かれている。

これに日々の記録を書いている。
毎日の出来事の記録である。
自分の気持ちや感想などはあまり書かない。
というより、書くスペースがない。
またスペースが狭いので、小さい文字で書く必要があるのが少し辛い。

p2170289


別に買った横罫ノートのリフィル。
綴じ目付近にミシン目が入っていて簡単に切り取れるようになっており、80ページある。

これは、ダイアリーに書き切れなかったことを書いたり、ちょっとしたメモをするのに使っている。

p2170298 p2170297


トラベラーズノートにはペンホルダーがない。
これはトラベラーズノート用ということで売っていたので飛びついて一緒に買ってしまったが、取り付けてみるとどうもしっくりせず、失敗したと思った。

金属製のマネークリップのようなものに革のペンを挿す部分が付いているだけのものだが800円もする。
最初万年筆を使うつもりでいたが、これは12ミリまでの太さにしか対応しておらず、僕の万年筆は太すぎてダメだった。
それに万年筆で書くと、インクが乾くまで手帳が閉じられず、使用を断念した。

p2170294 p2170296


そこで適当なペンはないかと探していたところ、 ピッタリ来るペンを見つけた。
それは無印良品の「組み合わせが選べるボールペン(シャープペン付)」という商品だ。

本体に最初からシャープペンが付いていて、2色のボールペンは太さや色を自由に選んで取り付けられるという優れものだ。
軸の太さもペンホルダーにピッタリで申し分ない。
本当にいい物を見つけた。

p3060312


これがペンホルダーにペンを取り付けた状態だ。
この写真の方が、革の質感がうまく表現されている。

カバーの左上の丸いものは、ゴムひもを留めている金具だ。
別にこれがなくても、ここでゴムひもを結べば使えると思うが、この方が見栄えがよいからだろうか。
邪魔と言えば邪魔なので、材質を含めて改良の余地がある。

p3060311 p3060310


 これがリフィルを3冊挟んだ状態だ。
方法は自分で工夫するのもよし、ネットで調べて真似をするのもよしだ。

さてこの1年間、この手帳に僕の周りの日々の出来事が記録されていくわけだ。
すでに始まって2ヶ月以上が経過したが、こんな僅かな期間にも、嬉しいこと、悲しいことが結構記録されている。

これからどんなことが起こるのだろう。
悲しいことよりも、嬉しいこと楽しいことが少しでも多い年になりますように。

p2170300

男の無駄遣い