ファミリーコンピューター(ニンテンドー クラシックミニ) 2016.11

ある日Smart Newsを見ていると、気になる記事が目に入った。「ファミリーコンピューター」の復刻版? よく読むとカセットなしで当時の懐かしいゲームが30タイトル楽しめるらしい。早速アマゾンで予約した。

という訳で、今回の無駄遣いは「ファミリーコンピューター(ニンテンドー クラシックミニ)」だ。

img_20161112_123858 img_20161112_123916

ファーミリーコンピューターが発売された当時、僕は京都に住んでいた。京都にある、当時の任天堂は、花札とトランプを作っている小さな会社と言うイメージだったが、ファミコンが大ヒットし、あれよあれよと言う間に大企業へと成長していった。

ご多分にもれず僕もファミコンを購入し、夢中になってスーパーマリオやテニス、ドンキーコングなどをプレイしていた。ファミコンのどこが凄かったのかというと、ゲームセンターでしか出来ないゲームが、自宅のTVで楽しめると言うのが衝撃的だったのだ。ファミコン本体やカセットは何年か前までまだ家にあったが、いつの間にかなくなってしまった。

そして予約から1ヶ月以上経った昨日、やっと届いたので、早速開けてみた。

本体は14cm×10cmくらいで、500円玉と比べてもらうとその小ささが分ると思う。HDMIケーブル(1.5m)と電源供給用のUSBケーブルが付属する。

img_20161112_124318-2 img_20161111_230142

本体が小さいので、それに比例してコントローラーも小さいが、実際に使ってみると、それほど小ささは感じず、使いにくさもない。

本体の後ろ側にはHDMIとUSBの端子がある。カセットの挿入口と取り出しレバーはダミーだ。

img_20161112_124642-2 img_20161112_124340

本体左側のスイッチが電源で、右側がホーム画面に移動するスイッチだ。

ゲームの途中で右側のボタンを押すと、ホーム画面に移動しゲームを保存できる。これが便利なのだが、反面いつでも保存できると言う安心感が常にあり、ゲームの緊張感が半減する。贅沢な悩みなのか。

img_20161112_124303

 昨夜は年甲斐もなく深夜までスーパーマリオに熱中してしまったが、如何せん、若いときと違い、根気がなくなっているし、集中力が続かない。しかも途中でアルコールを飲んでしまったので、ますます集中力がなくなってしまった。

また、HDMIケーブルが1.5mしかないので、我が家の環境ではTV画面に異常に近づいてゲームをすることになり、非常にしんどい。今後追加で3~5mくらいのケーブルを買わねばなるまい。

しかしいつものパターンでいくと、すぐに飽きる恐れが十分にあるので、しばらく様子を見ることにしよう。

img_20161112_165629img_20161112_165658

 男の無駄遣い