ブロワバキューム(リョービRESV-1010)

庭にケヤキの木がある。
20年くらい前に小さい苗木をもらってきて軽い気持ちで植えたのだが、今や屋根よりも高い大木になってしまった。
その結果、冬になるとこの木から枯葉が大量に落ちてきて、掃除が死ぬほど大変なのだ。

これがあれば楽に掃除が出来るのではと以前から狙っていたが、年末にとうとう勢いで買ってしまった。
というわけで今回の無駄遣いは、「ブロワバキューム(リョービRESV-1010)だ。

pc190258


ご存知のとおりこれは、筒の先端から空気を吹き出したり吸ったりして落ち葉等を掃除する機械で、吸う場合は、粉砕されて袋に溜まる仕組みだ。
僕の考えでは、これで掃除機のように落ち葉をどんどん吸い込めば、あっという間に作業が終わる、はずだった。
しかし実際にはそうはうまくいかなかった。

写真の布製の袋に吸い込んだ落ち葉が溜まるようになっているのだが、袋があっという間に一杯になり、その都度下のチャックを開けてゴミ袋に移さねばならない。その作業が非常に面倒なのだ。

結局は空気を吹き出すようにして落ち葉を1ヵ所に集め、手でゴミ袋に詰めた。それが一番早かったからだ。
と言っても、吸う方が全く役に立たないわけではなく、
少量の場合や、手の届きにくい隙間、雑草の間の落ち葉には有効だ。

せっかく買ったブロワバキュームだが、これもまた
ケルヒャー同様、「一度使ったら満足」な代物かもしれない。
しかし、こんなもんがどんどん増えたら、しまいに置き場所なくなるで・・・。

pr_2171

男の無駄遣い