ホンダスーパーカブ インターナショナル2005

今回の無駄遣いは「ホンダスーパーカブインターナショナル2005」です。
スーパーカブという言葉に弱いので、本が出たとあっては買わないわけにいきません。最初「Amazon」で注文していたのですが、「納期が1ヶ月以上かかりそうやで」とメールが来たので、キャンセルして書店で探すことにしました。

5,6店に電話をしてやっと1冊見つけました。
2000円(税込み)でした。ちょっと高めかな。

book1


「全国カブ乗り125人大集合」という記事は、HPや掲示板でしか知らない方々のお姿が、ガブやお住まいなどから推測できたりして、なかなか楽しいものでした。
お会いしたこともないのに親近感が湧いて、「あ~!、この人が多分○○さんや~」などと一人で喜んでいました。冒頭の海外生産のカブの記事も面白かった。
右の写真はブラジルで生産されているカブですが、100㏄で何とメットインになっています。
私は常々、メットインのカブが出来ないものかと思っていたので、これを見たときは驚きでした。
見た目がスクーターなので、もう少し現行の日本のカブに近い形で発売してくれることを熱望いたします。

book2


何はともあれこんな本が出るということは、スーパーカブが注目されている証拠だから喜ばしい。
もっともっと乗る者が増えて、ユーザーの声がホンダに届くようになれば、メットインのカブ発売も夢ではないかも。見た目は現行のカブとあまり違わず、125㏄、4速リターン、メットインなんていうカブがほしい。
「そんなん、カブとちゃうやん」という声が聞こえてきそうですが(笑)。

book4


ここに掲載されている写真は出版社の許可を得ていません。お叱りがあれば削除いたします。
男の無駄遣い