モバイルバッテリー(Anker PowerCore10400) 2016.02

Nexus5を持っている。ガラケーとの2台持ちだ。
simフリーで維持費が安く性能もいいので気に入っているのだが、唯一の欠点が、「バッテリーの持ちが異常に悪い」ことである。
外に持ち出してちょっとマップを見たり、写真を撮ったりすると、あれよあれよと言う間にバッテリーが消耗していく。スマホとしては致命的な欠点だ。
スマホスマホと偉そうに言っても、バッテリーが切れれば、何の役にも立たない唯の四角い物体に過ぎない。

外出するときはバッテリー切れにならないか不安で、小さいモバイルバッテリーを買ったが、これが容量が少なすぎて屁のツッパリにもならなかった。

img_20151227_180108


去年の大晦日に、ネズミーランドのカウントダウンに行くことになった。
デジカメは重いしかさ張るので、カメラはスマホで済まそうと思ったが、そうなるとバッテリーの問題が出てくる。

あんなところに行くと、写真やら動画をパシャパシャ撮りまくることは目に見えており、あっという間にバッテリー切れになることは必至だ。となると、容量の大きいバッテリーを持って行くしかない。
ネットで物色すると良さそうなものを見つけた。価格もかなり安くなっている。

という訳で今回の無駄遣いは「モバイルバッテリー(Anker PowerCore10400)」である。

img_20151227_180141


箱を開けると、本体、USBケーブル、収納袋が入っている。
本体の大きさは、約97mm×80×20で、大きさは知れているが重量が約240gで、さすがにズッシリ重い。 これを持ち歩くのかと思うと、ゾッとするが仕方がない。

説明によると「iPadAirに6回、GalaxyS6に2回、iPhone6に4回充電できる」と書いてあるが、いまいちピンと来ない。

img_20151227_180308


本体にはUSBポートが2つ付いており、2台同時に充電できるようになっているが、USBケーブルを2本持っていく必要があるし、実際にそういう場面があるのか疑問だ。

さて、ネズミーランドで実際に使ってみた。
財布などを入れている小さなバッグに入れて持ち歩いた。
予定通り、Nexus5のバッテリーはどんどん消耗していく。しょっちゅう残量を確認する必要があり、うっとうしい。

残量が30%くらいになると、バッグの中で接続して充電した。何回も充電したが、インジケーターのランプ(下の写真の白丸の部分)が1個減っただけで、かなり余裕があった。容量としては十分だった。

img_20151227_180401


スマホのクアッドコア(って何ですか?)がなんだ、メモリーがなんだ、カメラの性能がなんだと言っても、バッテリーの持ちが悪いと話にならない。
しょうもない性能を追求する前に、バッテリーの性能を追及しなさいよ。バッテリーで駆動する機械のバッテリーがすぐ上がるようでは、使い物になりませんよ。
こんな重いバッテリーとペアでしか使えないなら、全然スマートではありません。責任者出て来い!!!

ネットで検索すると、バッテリーを長持ちさせる苦肉の策がいろいろヒットするが、GPSを切っておくやら、ディスプレイを暗くするやら、あれを切れ、それをするなのオンパレードだ。

アホか!何のための機能だ。あれこれ切ったら使い物にならんわ。ボケ! 何もかもバッテリーの持ちが悪いせいだ。悪い頭でちょっとは考えろ! ハア、ハア、ハア・・・・・

すみません、ちょっとエキサイトしてしまいました。ボヤキはこの辺にして、ネズミーランドのカウントダウンは始めて行ったが、抽選で当たらないと入ることができないらしい。それにもかかわらず物凄い人で、夜8時の開門を待つ人たちが、朝から長蛇の列で、驚いた。
寝袋などを持ってきて、門の前に浮浪者の集団のようになっており、見た目が非常に悪い。
これでは、夢の国に入る前に興醒めだ。

img_20151227_180308-2


そんなことまでしなくても、カウントダウンは出来るわけで、カウントダウンの少し前に、それなりの場所を確保すれば、シンデレラ城周辺で上がる花火も普通に見えるのだ。あんな見苦しい真似をして、しんどい目をする必要は全く無い。まあ、並ぶのが趣味のような人もいるので、勝手にすればいいが。

夢の国での日々は、夢のように過ぎ去っていった。
しかし、朝4時起きで飛行機に乗り、翌日の明け方まで遊ぶと言うのは、老体にはキツイ。もはや修行だ。
嫁は来年も行くと言っているが、どうなることか。
遊びには、金と体力と気力が必要だ。

img_20160102_172719

男の無駄遣い