モンベル(mont-bell) ワッフルキャップ 2014.06

近所に大規模なショッピングセンターが出来て、そこに
「モンベル(mont-bell)」が入った。
モンベルといえば、いわずと知れた日本のアウトドア製品の総合メーカーである。田舎に住んでいるので、大阪に行った時などに、たまにL.L.Beanやモンベルを覗いたりしていたが、まさか近所に来るとは驚きだ。

ビーパルというアウトドア雑誌をもう30年近く愛読していて、そこにモンベルの記事やら広告やらがよく掲載されている。
モンベルの製品は、値段は少々張るがよく考えられていて、すばらしい製品が多い。
中には「野点セット」のようなユニークな商品もある。
という訳で今回の無駄遣いは「モンベル ワッフルキャップ」である。
ワッフルキャップとは何のことか分からないが、よく見ると模様がワッフルの生地のようになっているような気もする。
まあ、普通のキャップである。

img_20140519_170643


歳と共におつむが薄くなってきて、帽子をかぶる機会が増えた。

無くなってその有り難さに初めて気付くとはよく言ったもので、頭髪は頭の防御に大いに役立っていることが分かる。
夏の直射日光や冬の寒気、外からの衝撃等から頭を守ってくれているのだ。

日焼けするような日差しの強い日に帽子無しで外をうろつくと、後で頭がヒリヒリして、下手をすると皮がむけることがある。従って帽子はかかせない。
暑い日に帽子をかぶると蒸れて逆に暑苦しい気もするが、直射日光がきつい時には、かぶったほうが断然涼しい。

さて、買ったキャップを見てみると、有り難いことに今流行のUVカットだ。さらに生地も細かいメッシュになっている。これでこの夏も乗り切れる。

子供が小さいときは、よくキャンプに行った。
しかし一式揃えたキャンプ道具も、今や納屋で眠っている。
もう行くこともないんだろうな。そう思うと少し寂しい。
孫ができて一緒に行ってくれたりしたら、実現するかもしれないけれど。
あとは、災害でも起きた時かな。家が潰れても何とか生活できるし、カナディアンカヌーもあるので浸水しても大丈夫。
災害で使う日が来ないことを祈るのみです。

img_20140519_170710

男の無駄遣い