燻製実践編 ササミジャーキー

今回の燻製実践編は「鶏のササミジャーキー」だ。

スーパーでササミを買うとき、最初に4本ほど入ったものを買うつもりだったが、少ないかも知れないと多いものと取替えに戻ったら、その間に「2割引」のシールが貼られていた。
得した!

ササミの筋は硬いので取っておかねばならない。
やれないことはないが、嫁に任せた。
嫁にも参加する喜びを味合わせなければならない。
愛情である。
決してできないのではない・・・。

dsc00107 dsc00108


白ワイン、砂糖、塩、しょうゆ、麺つゆ等を混ぜ合わせ
ソミュール液というものを作る。
スパイス類、鷹の爪も適当に入れた。ビニール袋にソミュール液とササミを入れ、半日ほど冷蔵庫で寝かせておく。

dsc00104 dsc00109


翌日ササミを取り出し軽く洗って水気を拭き取りスモーカーにセットする。

そして今回登場する秘密兵器が「電磁調理器」だ。
スモーカーは鉄製なので使えるのではないかと考えた。

電磁調理器は微妙な火力(?)調節ができる上に、火を使わないので長時間目を離してもしても安心だ。
さてうまくいくのか。

dsc00114 dsc00112


今回は家の裏(外)で薫煙を行った。
スイッチを入れると、あっという間にスモーカー全体が熱くなってきた。すごい熱効率だ。桜のスモークウッドを入れて薫煙を開始した。
ブレンドしたスモークチップも少し敷いておいた。

dsc00115 dsc00116


スモーカー内が60~70℃になるように温度調節をする。
電磁調理器のスイッチを「保温」にしておけば、比較的簡単に温度管理ができる。前回、今回と実践してみて分かったのだが、スモーカーが小さいと温度管理が難しい。
すぐに温度が上がりすぎてしまうのだ。
スモーカーは少し大き目を買ったほうが良いと思う。

3時間ほど薫煙して完成。
漬け込みが長すぎたのか少し味が濃すぎたが、まずまず美味しくできた。
酒のつまみにぴったりの味だ。
スパイスを適当に入れたので、複雑な香りになった。
もっとシンプルにするべきだった。

さて、今夜はこれを肴に「いいちこ」で一杯やろうっと!

dsc00117 dsc00121

男の無駄遣い