複合プリンター キャノンPIXUS MP560

前のプリンターが壊れたわけではないのに、プリンターを新調した。
我が家の経済状況では、通常こういうことは有り得ない。
では何故か。デジカメの性能はどんどん進歩し、画質も飛躍的によくなった。
しかし銀塩(アナログ)カメラと違い、パソコン上で撮影した画像を見る事ができるため、紙に印刷して見る事がほとんどない。
しかしたまにL判の写真用紙にプリントアウトすることがあって、その度にあまりの画質の悪さにがっかりしていた。p3220037


せっかくそこそこの画質で撮れるデジカメを持っているのに、プリントアウトしたら汚い。
子供や嫁にプリントアウトを頼まれても、その都度残念な結果で一同落胆・・・。
入力機器がいくら良くても、出力機器がショボければその性能を活かせないのは当たり前だ。先日、かなり前から「いいなぁ」と思っていたプリンターがジョー○ンの広告で結構安くなっていた。モデルチェンジが近いのだろう。
ダメもとで嫁に、「プリンター安なってるわ。これだったら印刷してもきれいやし、コピーも簡単にできるで」と言ってみた。
「ふ~ん。買ったら。」

p3220038


「え?」
一瞬耳を疑ったが、チャンスを逃してはいけない。
ネットで調べて即注文。送料も無料で翌日届いた。新しいというのは素晴らしい。
そして機器の進歩は素晴らしい。
それではいったい何が素晴らしいのか。
まず、用紙をいちいち背面から入れなくていいのが素晴らしい(特殊な用紙は背面)。
スキャナが付いていて、パソコンを立ち上げずにコピーができるのが素晴らしい。
SDカードやUSBメモリー等から直接印刷できるのが素晴らしい。

p3220040


無線LANを介して離れたPCからも印刷できるのが素晴らしい。
排紙トレイ(印刷した紙が出てくるところ)を開け忘れて印刷してしまっても、勝手に開くところが素晴らしい。
そして最後に、何といっても画質がいいのが素晴らしい。
新プリンターは旧プリンターと比べて、最大解像度が数字上は4倍だが、見た目はそれ以上に良い。
我が家のプリンターもやっと、写真を印刷して見られるレベルになった。それでは、まだ使える旧プリンターはどうなったのか。
「翌日すぐに捨てました。」というのはもちろん嘘で、HP等の印刷用にきっちりスタンバイしています。
さっさと捨てられないとこあたり、やっぱり我が家は貧乏臭い(泣)。

p3220042

男の無駄遣い