複合プリンター(キャノンPIXUS MG6530) 2015.01

プリンターが突然壊れた。
子どもが使っていて、突然電源が入らなくなったと言う。
しばらく置いておから電源スイッチを押すと、電源は入るものの、エラーが出て起動しない。

エラー番号等でネットで検索すると、「プリントヘッドを洗浄したら直った」というのがいくつかヒットした。
同じ機種で同じエラーに対する情報がたくさん出ていたので、ある意味欠陥品と言えるが、保障期間はとっくに過ぎている。
過ぎていると言っても、買ってから4年弱しか経っていない。運が悪かった。使う頻度も少なかったのに。

早速一か八かでヘッドの洗浄にチャレンジしてみたが、残念ながら復活することはなかった。

mp560_qa


こうなると修理か買い替えかと言うことになる。
調べてみると、修理するのと、同等の新品を購入するのとでは、ほぼ同額であることが分かった。もったいないが買い替えを決断した。

買い換えるとなって更に調べてみると、最新機種のひとつ前の機種は、最新機種と全く同機能であることが分かった。当然価格は格段に安い。即決で購入した。
1万円を切る値段で買えた。

プリンターは新しくなったが、特に嬉しくもない。
壊れたプリンターは見た目まだ新品同様だし、廃棄するのに気が引けて仕方なかった。新しいプリンターも飛躍的に機能がアップしたわけでもない。ただひとつ便利になったと思う点は、印刷する時に自動的に電源が入る点だ。
反面、インクが5色から6色になったため、ランニングコストが跳ね上がった。もう少し安くならないものか。インクで稼ぐ仕組みになっているのであろうが、バカ高い。

mg6730


ちなみに上が最新機種のMG6730で、下が今回購入した一つ前の機種MG6530だ。
見た目も機能も全く変わらない。値上げのためのモデルチェンジと言わざるを得ない。
両機種の比較はこちら

僕はデザイン的には、壊れたMP560の方が好きだ。
形がコンパクトで、すっきりしている。
正直デザイン的には、逆行しているのではないか。
新しい機種の方が、もっさりして野暮ったい。
壊れたMP560の方が洗練されている気がするのだが。

まあ、年賀状印刷時に壊れなかったのがせめてもの救いか。
長持ちしてくれることを祈るのみだ。

mg6530

男の無駄遣い