音波振動歯ブラシ プリニア スリム

歯が弱ってきた。
というより、歯茎が弱ってきているのか。昔は釣り糸でも簡単にかみ切れたが、最近は歯を強くかみ締めると、歯か歯茎が痛く感じて、そういうことができなくなってきた。

前々から電動歯ブラシは欲しかったが、良さそうなのは値段が高くて躊躇していた。

先日何気なくネットで検索してみると、「プリニア」というのがどうやら良さそうで値段も手頃だ。

早速買おうと思ったら、軽量化されて性能もアップした「ブリニア スリム」が出ているではないか!
あぶない、あぶない。もう少しで旧型を買うところだった。
楽天で最安店を探して、ポチっと購入。

ということで、今回の無駄遣いは、「音波振動歯ブラシ
プリニア スリム」だ。

dsc00030


プリニア スリムは「歯科医院専売品」だそうだが、普通にネットで売っている。
またGCという会社が発売元となっているが、製造は松下電工で日本製だ。セットの内容は、本体、充電器、歯ブラシ、ワンタフトブラシ(隙間用)だ。
今回はオマケに歯磨きペースト1個が付いており、替え歯ブラシは追加で買った。

本体の重さは約125gで、色はブルーとピンクがあり、フル充電で約60分使用できる。
そして、リニア音波振動により1秒間に約517回も振動する。
1秒間に517回? ほんまかいな。怖いわ!
歯、すり減るんとちがうか・・・。

dsc00047


本体にはオン、オフとモード切替えの2つのスイッチがあり、モードは3段階選べる。

機能としては、「ソフトスタート機能」、「お知らせタイマー」、「押し当て過ぎ防止機能」などがある。

スイッチを入れてみると、「ビイーン」という結構大きな音がする。
予想していたよりも、大きな音だ。

早速磨いてみた。
最初は怖かったので、ソフトモードで磨いた。

今まで経験したことのない感覚が、口の中に広がる。
なんやろう、この感覚は・・・。

dsc00043


そうか、ウオッシュレットや。感覚の種類こそ違うが、初めてウオッシュレットの水を尻の穴に受けた時の衝撃に似ている。

プラスチックの硬い部分が歯に当たると、脳天に響くような振動がくる。
また手でゴシゴシするのと違い、磨けているのかどうか分かりにくいし、磨いた後の達成感がない。
しかし、磨き終わると確かに歯はツルツルになっているし、腕も楽だ。

これはとにかく慣れるしかない。
ウオッシュレットのときも、最初は「こんなもん絶対に嫌や!」と思ったが、今や手放せなくなっているし。

しかし、歯の心配をするようになるとは、わしも歳をとったのう。
昔から「歯目マラ」というらしいが、歯も目も既にもうきている。
ということは、次はとうとう「マラ」か・・・。
(意味の解らない良い子は、お父さん、お母さんに聞いてね)

dsc00044

男の無駄遣い