魔法のボトル

用事で梅田の方に出掛けたついでに「LoFt」にぶらっと入りました。
そこで見つけたのがこの「魔法のボトル」です。
ボトルが2400円でグラスは600円でした(税抜き)。
衝動買いでした。説明書によると「魔法のボトルは信楽の粘土から採取されたラジウム鉱石を含む原土からできていて、このラジウム鉱石から発生するマイナスイオン効果によって水や酒が旨くまろやかになる」ということです。

写真ではその色や質感がうまく表現できていませんが
実物はもう少し茶色っぽくていい感じです。
持った感じは、意外に軽くて思ったより薄そうです。

私はこの「魔法のボトル」に毎日愛飲している
いいちこ」を入れました。
味がどう変わるか楽しみです。

いいちこを飲んでいると言うと、焼酎通からバカにされるんですが、これで毎日「森伊蔵」が飲めるかも知れません(麦が芋に変わるわけない)。


写真のグラスは以前にどこかで見かけて気に入っていたんですが、買いそびれていたので一緒に買いました。

さて、せっかく買った「ボトルとグラス」ですが、ひとつ怖いのは「嫁の存在」です。
なぜかというと、彼女は私が大事にしている物をことごとく破壊していくからです。

今までに大事なプラモやお気に入りのグラス等、いくつ破壊されたかわかりません。
私は彼女のことを密かに「デストロイヤー」と呼んでいます。

「ガチャン」という音と共に嫁さんの「あああっ!!」と
いう叫び声が聞こえてきた時、その時が「魔法のボトル」とのお別れの時です。
今から覚悟は決めています。南無阿弥陀仏。

訃報
魔法のボトルは、2009.7.26、デストロイヤー(嫁)により、予想通り破壊されました。
「倒したら割れた」そうです。
謹んで冥福を祈ります。
男の無駄遣い

水がおいしく!酒がうまく!魔法のボトル!ラジウムボトル