premini-Ⅱ

携帯を新しいのに替えた。

下の娘に「私立の中学に合格したら携帯を買ってやる」と約束していた。
物で釣るのは良くないと分かっていたが、仕方なかった。
携帯のためではないが、この冬娘は本当に頑張った。
可愛そうなくらい頑張った。そして合格した。

中1(厳密には小6)で携帯は確かに早すぎる。
普通なら絶対に買わない。しかし男に二言はない。
買ってやった。

それに便乗して嫁も、長男も新しいのに替えた。
そして僕もなぜか替えた。金もなぜか全部僕が払った。
恐ろしい出費だった・・・。

dsc00039


そもそも今まで僕は、携帯なんてどんなんでもよかった。
だからいつも型遅れの「0円」のものばかり選んできた。しかし今回、いざ選ぶ段階になっていろんな機種を見てみると、どれもこれも今持っているものよりもデカくて重い。
「なんじゃこりゃ~!!」。
これでは「進化」じゃなくて「退化」やないか。そもそも折り畳みというのが気にくわない。
いちいち開くのが面倒くさいやないか。
動画撮影もテレビ電話もいらない(デジカメは欲しい)。

なんかええのがないかなと探していたら、ありました!
「premini-Ⅱ(SO506i)」。
これぞ「携帯電話」と呼ぶに相応しい。


最新の機種だけあって、必要な機能は全て付いている。
デジカメだって130万画素のものが付いている。
前の携帯のは30万画素だったので、すごい進歩だ。
これで急に思い立った「ぶらぶら」の時でも写真が撮れる。そして何と言っても「小さいくて軽い」。
胸ポケットに入れていても違和感のない大きさだ。
デザインも良い。さすがソニーだ。
欠点は小さいだけにボタンが押しにくいことだ。
しかし、これは慣れればどうと言うことはないレベルだ
(指が特別太い人には辛いかも知れない)。何はともあれ、なんでも真っさらは気持ちがいいし、持っていて嬉しい。しかし、それも少しの間だけのこと。
すぐに飽きて、当たり前の存在になってしまう。
最初の気持ちを維持するのは難しい。

初心忘るべからず」。
この春、新しいスタートをきる君達に贈ります。

dsc00002

男の無駄遣い