nexus5(simフリースマートフォン (32G) 2014.04

すっとiphoneが欲しかった。
ドコモから出るのを夢に見て、待ち焦がれていた。
しかしいざ手に届くところに来ると、二の足を踏んだ。
毎月の費用という壁が、目の前に立ちはだかったのだ。スマホにすると、何だかんだで最低月7~8000円はかかる。年間10万円近くになる計算で、嫁も替えると言い出せば倍かかることになる。今持っているガラケーは、無料通話1000円分が付いて、月1600円ほどだから雲泥の差である。

悩みに悩んだ結果、断腸の思いでiphoneを断念し、苦肉の策に出た。
ということで今回の無駄遣いは、「Nexus5(32G)」だ。
32Gで44800円。
香港から出荷されていたが、注文から2日後に届いたのには驚いた。

p3080004


ご存知の方も多いと思うが、Nexus5はGoogleが販売するSIMフリーのAndroidスマホである(製造はLGエレクトロニクス)。

それではなぜNexus5なのか。それはコストパフォーマンスが極めて高いSIMフリースマホだからである。
ここで重要なのは「SIMフリー」ということだ。
SIMフリーということは、ドコモだ何だというキャリアの契約の縛りを全く受けずに自由に使えるということなのだ
それならSIMフリーiphoneでいいのではとなるが、残念ながら高過ぎてとても手が出ない。

詳しくは後ほど説明するとして、結構雑な梱包を開けると、伝票とプチプチに包まれた箱が出てきた。

p3080005


SIMフリーのうんちくの続きだが、一般的にキャリアで契約して買うスマホにはsimロックがかかっていて、その会社の契約プランでしか使えないという縛りがある。
しかしSIMフリーのスマホなら、そんな契約に縛られることなく自由に使うことが出きるのだ。
そこで登場するのが「MVNO(仮想移動体通信事業者)」である。
これはドコモ等から通信網を借り受けて、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のことで、以前からあったのだが、最近どんどん増加してきたのである。
そして価格競争によって、格安プランが各社から出てきてきたのだ。p3080007


続きだが、SIMフリースマホを使うには、このMVNOと契約し、送られてくるSIMカードを端末に挿入して、セットアップするだけである。

主要なMVNOにはIIJ、BIGLOBE、楽天、ビックカメラ等があるが、多分いずれもドコモの回線を借用しているので(間違っていたらすみません)、ドコモのXi、FOMAサービスエリアで使用することが出来る。
Nexus5はLTEに対応しているので、もちろんXiエリアで高速回線を使える。

〇青いケースを引き抜くと、白い箱が現れた。

p3080008


さて、それではSIMフリー端末やMVNOはいい事ずくめなのか。いえいえ、もちろんそうではない。

まず端末を自前で一括購入する必要がある。
また、今はまだ端末の選択肢が少ない。
そして、通信容量等に制限があったりする。ここが肝である。
業者によって様々だが、1ヵ月とか1日に使える通信容量が決まっていて、それを超えると通信速度が極端に遅くなったり、料金が高くなったりというものが多い。
従って、外でオンラインゲームやら音楽ファイルのダウンロードやらを毎日するようなハードな使い方をする人には向いていない。

〇箱にはGoogleのロゴが、控え目に刻印されている。

p3080009


ふたを開けると、本体が現れた。
4.95インチのディスプレイには薄いシートが貼られている。裏側にはカメラのレンズとフラッシュが見える。
メインカメラは800万画素。

p3080012 p3080015


本体の下には、SIMカードを挿入するトレーを開けるためのピンや充電器等が入っている。

p3080022 p3080021


電源を入れてみた。

p3080024


立ち上がった。

SIMカードが届いていないのでwifi環境で試してみた。
iosには慣れているがandroidは初めてなので、違和感があり、操作に戸惑う。

p3080026 p3080025


 傷が付かないうちにケースも買った。

ネットで検索すると、Spigenのネオ・ハイブリッドというケースが人気があるようだったが、高いし猫も杓子もつけてる感じも嫌だったので、エレコムのシリコンケースを選んだ。

エレコムのシリコンケースはipodtouchにも装着しているが、安くて実用性も高いので気に入っている。

p3090027


 早速装着してみた。
当たり前だがピッタリで、持った感じも滑らなくて良い。画面の保護フィルムも付いているので、貼った(写真は貼る前の状態)。
きれいに張るのに20分ほどかかってしまった。
なかなか難しい。

p3090033 p3090037


 さて肝心のMVNO業者だが、選択肢が多すぎて悩んだ。
月額が1000円以下のプランと決めていたので、その時たまたま初期費用(通常3~4千円)が無料だった楽天のエントリープラスプランにした。税込みで月945円。
楽天の特徴は、制限後の通信速度が他より速いところくらいで、特にお得なわけでもない。
まあ、気に入らなければ途中で乗り換えればいいだけのことなので、しばらくは様子を見よう。※楽天は契約時点では1ヵ月の通信容量が500MBだったが、途中から他社に対抗して1GBに増えたので、少し得した気分だ。

p3110038


 SIMカードは注文してから6日後に届いた。
結構時間がかかる。Nexus5はmicroSIMを使う。
ちなみにiphone5はnanoSIMだ。

契約する時点でSIMカードの種類を選ぶので、間違えないように注意が必要。

p3110041


 付属のピンを使ってトレーを開き、SIMカードを挿入する。
セットアップの仕方は、Nexus5を先に買った方々がネットで紹介してくれているので、それを参考にし無事開通した。。
端末自体には詳しい説明書がないので、非常に助かった。ありがとう。外出先でインターネット閲覧やメール受信、GoogleMapでのナビ等、実際に使用した感想だが、通信速度、容量共にまったく不満はない。


 使い始めてから半月ほどたったが、私の普段の使い方では、通信速度、容量ともにまったく不満はない。
ただ、楽天にはSMS(ショートメッセージサービス)のオプションがない。
詳しい説明は省略するが、SMSのないSIMを使うとバッテリーの消費が激しくなってしまう「セルスタンバイ問題」というのがあって、SMSを付ける事によりこの問題が解決できるらしいのである。
楽天も時間の問題でSMSが使えるようになると思うが、通信料込みで1000円以内に収まればありがたい。さて、今のところ嫁が「私も欲しい」と言い出していないのでよいが、いつ言い出すのかと毎日ビクビクだ。
持っても絶対に使いこなせないのは目に見えているので、言い出したら少しの間貸してあげようと思っている。
しばらくすれば、無言で返してくるはずである。

screenshot_2014-03-16-20-22-55 screenshot_2014-03-16-20-21-45 screenshot_2014-03-16-20-21-35

男の無駄遣い